ideagram

(心に浮かんだ)「考え」を書いたもの。

今年の抱負は「楽しく書く」ideagramの初志貫徹を目指したい

本記事の目次

今週のお題「2019年の抱負」

明けましておめでとうございます。

昨年も多くの方に、私の書いた三文記事をお読みいただき、
誠にありがとうございました。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今週のはてなブログお題はやはり季節柄もあってか
「2019年の抱負」とのことです。
皆様の新年の抱負はどのようなことでしょうか。どのような一年にしたいと考えていらっしゃいますでしょうか。

 

今年は「楽しく書く」一年に

私は、今年を「楽しく書く」一年にしていきたいと考えています。

日々、雇われ人として生活をしていると、身の回りの出来事に流されがちで自分で物を考える時間が減ってしまっている気がします。なので、自分で考える時間を作るためにも、私は身の回りの出来事(社会)を、「なぜ?」「どうなっている?」という科学的視点から捉えながら、自分のアイデアを楽しくお伝えしていけたら良いと考えております。

もちろん、考えることは一人でできることなので簡単なのですが、言葉として外に表現していくことは簡単ではないと思います。まして、書き続けることは相当に難しいことだと思います。

いきなり、「毎日更新」と掲げるのは現実的ではないとは思いますので、まずは自分に合ったペースを見つけながら毎週や隔週での定期更新を目指していければ、と考えています。(今年中の記事数100本を目標にします。)

 

ideagram=思考のアウトプット

そもそも、このブログのタイトルになっている、ideagram(アイデアグラム)は、【idea】アイデア。つまり「心に浮かんだ考え」のこと+【-gram】英語の接尾語で「〜を書いたもの」の意。という2つの言葉を組み合わせた私の造語でした。

なので、私の日々の雑感を言葉として書き連ねてみる場として、思考のアウトプットの訓練を積むことを目的にしておりましたが、結局、不定期に更新になってしまっておりました。(部屋の隅で埃をかぶっているトレーニング機器と同じです。)

今年は継続することを重視して、一本一本の記事の質よりも何本の記事を書き続けられるかという量を意識して取り組んで参ります。

いつも以上に読みづらい記事が上がるかもしれませんが、温かい目でお見守りいただければと思います。

頭の上にモチを持ったイノシシ(いらすとや)

思い浮かんだら書く!

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。