読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ideagram

(心に浮かんだ)「考え」を書いたもの。

「春になると電車が混む」のは本当か。

I.「春になると電車が混む」は本当か。 1. はじめに 2. 調査手法 II. 調査結果と考察 1.「春高冬低」の定期利用客 2. なぜ、混むと感じてしまうのか。 (1) 1つ目のバイアス:順序効果 (2) 2つ目のバイアス:代表性ヒューリスティック III. まとめ 15秒でわか…

「サラリーマン川柳」をテキストマイニングしてみた。(試論)

毎年、哀愁ただようおじさんの姿を思い起こさせる悲哀の文芸コンクール「サラリーマン川柳」。今年もそろそろ募集が開始する時期です。 優秀作品には、その年のホットなキーワードが詠み込まれることが多い印象がありますので、入選する歌の17文字を予想して…

「すだれ」と「よしず」の違い、説明できますか?

夏の必需納涼グッズ 暦の上では、もう秋。 しかし、まだまだ続く暑さ、そう。残暑である。 アスファルトの照り返しと、茹だるような暑さの中でも、目線を上げてみると天に浮かぶ雲は高くなり、秋らしい空の気配を感じるようになっている。 しかし、暑いもの…

【つんどく】「ラオスのいったい何が分かるというんですか?」−やっぱり、ハルキはすごかった。

あの村上春樹がラオス本を書いた!? 11月21日(土)に村上春樹さんの紀行文集『ラオスにいったいなにがあるというんですか?』が発売された。 ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版 (文春e-book) 作者: 村上春樹 出版社/メー…

働くことと男と女、そして幸福度の話(2)

(1)に引き続き「働くことと男と女、幸福度の話について」です。本稿(2)では、夫婦間での幸福度について調べてみました。 どうやら夫婦の「しあわせ」感ギャップがありそう。 今回も(1)と同じように、平成26年度内閣府公表の「男女共同参画白書」か…

働くことと男と女、そして幸福度の話(1)

<女性活躍推進法>成立 管理職の数値目標設定の公表など (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 女性管理職の割合に数値目標の設定などを義務付ける「女性活躍推進法」は28日午前、参院本会議で自民、民主、公明各党などの賛成多数で可決され、成立した。従業員…

ブログのロゴをリニューアルしてみました

ゴールデンウィークもラストスパートです。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 さて、お休みの自由な時間を使って、ブログのロゴ・アイコンをリニューアルしました。 新ロゴはコチラ。 改めて申し上げますと、ideagramというタイトルはidea(アイデア)+g…

「囚人のジレンマ」を分かりやすく説明しようと試みたけど難しかった。

「囚人のジレンマ」って 行動経済学の本を読んでいた時に見かけたので、改めて整理してみた。経済学のゲーム理論では基本的かつ重要な概念であります。 複数で犯罪を行った犯人たちが捕まり、それぞれ別々にされ警察からの取調べを受けているとします。「相…

佐藤・鈴木・高橋…。よくある名字の分布の地域差を視覚化してみた。

立命館大学が地域別に人口の多い名字を示した 「日本人の名字マップ」なる地図を作製していたことを先ほどtwitterで知った。 日本人の名字マップ|研究活動|地域研究学域【立命館大学文学部】 日本人の名字マップ|研究活動|地域研究学域【立命館大学文学…

JiNS(ジンズ)のPCメガネはなぜスゴいのか

一日中、ずっとパソコンの前にいることが増えたため、JiNS(ジンズ)でPCメガネを買ってみました。使い続けているうちに、PCメガネのスゴさを感じるようになりました。 JiNSのPCメガネはなぜスゴいのか。 − それはメガネという道具の“イノベーション”だから…

【検討】三種の神器・八咫鏡は何製だったのか?

友人がフェイスブックに投稿した記事の中に、面白い問題があったのでやってみました。 それは、いわゆる「三種の神器」と呼ばれる神具の中のひとつ「八咫鏡(やたのかがみ)」の素材を考察するというもの。神々の歴史を紐とくロマン。これは面白そうだと思っ…

ブログ、はじめます。

ideagramとは、【idea】アイデア。(心に浮かんだ)考えのこと。【-gram】〜を書いたものの意。という二つの言葉を組み合わせた造語です。日々情報を一方的に消費するだけの習慣が続き、自分の頭の中に浮かんだ考えを言葉として紡ぎ出すチカラ、言語表現の力が…

祈りのあいだで~ラオスで「豊かさ」について考えたこと

(引っ越し元ブログからの転載です) -8月27日。ルアンパバーンにて。 「世界遺産・ルアンパバーンの托鉢」は殊に有名らしい。 総勢約1000名もの坊さんが毎朝、町中の通りを歩き、 敬虔な仏教徒であるラオスの人々は托鉢のために通りに並ぶのだ。 も…